Xcodeのインストール

iPhone アプリの開発に必要な「Xcode」ですが、アプリ開発以外でも mac でプログラム開発をするための環境を作る上で必須のプラットフォームになっています。

Xcodeとは

Mac OS X向けの統合開発環境で、Apple社が公式に提供している環境になります。

ソースコードの編集以外にも、iOSのシュミレーター等を利用したデバック等、iPhone アプリ、Apple Watch のアプリ開発に必須の環境となっています。

最近では、Mac で一般的になりつつあるパッケージ管理ソフト Homebrew のインストールの依存ライブラリとして指定されていることもあり、iPhone アプリの開発をしなくてもインストールする必要に迫られることが多くなっています。

Xcodeのインストール

作業自体はすごくシンプルです。

iPhone のアプリインストールと同じ感じで、Mac の App Store を開き、「 xcode 」で検索してインストールするだけです。

ただ、Xcode のファイルが大きすぎてダウンロードに時間がかかります。

5GB以上のファイルのため、モバイルWiFi等で作業する場合、帯域制限やバッテリー切れに気をつけて下さいね。

Xcodeのインストールで注意する事

Mac OS のバージョンによってインストール出来る Xcode のバージョンが違います。

アップルストアからダウンロードする方法では最新の Xcode がインストールされてしまうので、古い Mac にインストールする必要がある場合、Apple社の開発者サイトから .dmg ファイルをダウンロードしてインストールしてください。

https://developer.apple.com/download/more/
 ※Appleアカウントでのログインが必要です。

複数のバージョンを共存させることもできるようです。

まとめ

Mac を最新に保っている場合、Xcodeのインストールは非常に簡単です。

Apple Store にアクセスしてボタンをぽちぽち押すだけ。

OSが古い場合でも、開発者サイトからダウンロードしてインストールするだけなので、難しいことはありません。

Mac でプログラム開発をしたい!という場合は、まずは Xcode のインストールをしておきましょう。

引き続き、Mac用パッケージ管理システム Homebrew をインストールする場合、こちらの記事をご参照ください。

Apple

Posted by さとし