レビュー

【ソニッケアー】コスパ最強はどれ?持ち運び重視の充電器付き電動歯ブラシがオススメ

電動歯ブラシが欲しくなったら真っ先に候補に上がるのがソニッケアーシリーズです。

数多くあるソニッケアーシリーズの中でも特にオススメなのはどれでしょうか?

ソニッケアーシリーズは何種類かあってどれを選ぶといいのか分かりづらいのですが、比較の仕方次第では違いが結構あることに気づきます。

オススメのソニッケーアー
  1. 歯磨きガチ勢は問答無用でダイヤモンドクリーン スマート
  2. 持ち運び重視ならダイヤモンドクリーンの一部
  3. コスパ最強はイージークリーンまたはプロテクトクリーン
コスパ重視でオススメなイージークリーンですが、メーカーサイトでは販売終了となっています。Amazonなどでは在庫があるようですが、販売終了している通販サイトもあるのでお早目に。

ソニッケアーシリーズの特徴

ソニッケアーダイアモンドクリーン スマート

電動歯ブラシの代名詞とも言えるフィリップ社のソニッケアーですが、一部の製品を除いてブラシの振動回数が毎分31,000回と驚異の振動数を誇ります。そのため、パッと見ではイマイチ違いがわからず、迷うことになります。

各シリーズの違いで一番大きなものは、付属品、次がブラッシングモードの数になります。ただ、ダイヤモンドクリーン スマートのみ、他とは違う特徴があります。

それでは、オススメ順に説明していきますね。

充電機能付きトラベルケース

ソニッケアーダイアモンド スマート

ダイヤモンドクリーン スマートダイヤモンドクリーン の一部にしかついていない付属品になります。長期出張や旅行が多い人、オフィスでソニッケアーを使いたい人にオススメです。

トラベルケースと名前がついているので、出張や旅行のために考えられているのは言うまでもありません。持ち運びが前提の人はトラベルケース付きのシリーズを選んだら間違いなしです。

では、オフィスで使う人にも何故オススメなのか?と言うより、ほぼ必須な理由があります。

ソニッケアーシリーズの充電は、スタンド型の充電器か後で紹介するグラス型充電器が普通です。

はい、そうです!

気づいたと思いますが、オフィスで歯ブラシ剥き出しのまま充電できませんよね?

オフィスで使うつもりであれば、ダイヤモンドクリーン スマートダイヤモンドクリーンを選ばないと後悔することになります。

全てのダイヤモンドクリーンでトラベルケースが付いている訳ではないのでご注意ください。

オリジナルブラシヘッド&ブラッシングモード

ソニッケアーダイアモンドクリーン スマート

シリーズによって違いますが、上位シリーズになれば少なからず何かのオプションブラシやブラッシングモードがついています。ただ、オプションブラシの変更を自動的に認識してブラッシングモードを自動的に切り替えてくれる機能がついているのは、ダイヤモンドクリーン スマートだけです。

オプションブラシ自体は全シリーズで互換性があるように作られているので、本体購入の基準から外した方がお得です。

ブラッシングモードは、日常的に使っている限り自分自身で変更することはまずないです。(僕がモノグサなだけかもしれませんが)

口の中の状態や食べたもの、朝晩の違いなどでブラシをこまめに替えたい場合、ダイヤモンドクリーン スマートを選び、それ以外であればここは目を瞑っていいポイントになります。

グラス型充電器

ソニッケアーダイヤモンドクリーン スマート

写真のイメージはオシャレすぎるかもしれませんが、こんなイメージです。グラス型充電器以外のシリーズでも、スタンド型の充電器なので置くだけで充電というとポイントで考えると差はありません。むしろ、グラス型充電器は斜めに立てかける形になるので、使いにくいという声も見かけます。

が、おしゃれ!!

充電器におしゃれさを求めるかどうか。だけで考えてよいポイントです。

ダイヤモンドクリーン スマートダイヤモンドクリーンはトラベルケースとグラス型充電器の両方がついているものがあるので、そちらがオススメです。

磨き方ガイドアプリ

ソニッケアーダイヤモンドクリーン スマート

スマホと連動させて、磨き方のガイドや磨き残しの案内をしてくれる機能がついています。これもダイヤモンドクリーン スマート限定です。

歯医者で診てもらったらよくわかりますが、歯磨きは個人のクセがあっても気づきにくく、磨きムラが多いものです。少しでも磨きムラを減らせると考えると、長い目で見れば超お得な機能なのではないでしょうか?

ソニッケアーシリーズのラインナップ

2019年7月現在で、9機種46製品が発売されています。

  • ダイアモンドクリーン スマート (6)
  • ダイヤモンドクリーン (11)
  • フレックスケアープラチナ (1)
  • プロテクトクリーン (20)
  • ガムヘルス (1)
  • ヘルシーホワイト (1)
  • クリーンケアー (3)
  • ソニッケアーキッズ (2)
  • イージークリーン (1)

上記シリーズ以外に、Amazon.co.jp限定モデルなどがあります。機能は同じでカラーやオプションが違うので、好みに応じてAmazon.co.jp限定モデルを選ぶのもアリだと思います。

オススメのソニッケアー

ソニッケアー イージークリーン

これまで何度も登場した、ダイヤモンドクリーン スマートダイヤモンドクリーンが最有力ですが、コスパ重視で考える場合、イージークリーンまたはプロテクトクリーンがオススメです。

オススメのソニッケーアー
  1. 歯磨きガチ勢は問答無用でダイヤモンドクリーン スマート
  2. 持ち運び重視ならダイヤモンドクリーンの一部
  3. コスパ最強はイージークリーンまたはプロテクトクリーン

イージークリーンが販売終了となり、後継としてプロテクトクリーンというシリーズが出ているようです。少し高機能になっている分、値段も

ソニッケーアーはプレゼントにもオススメ!

ソニッケアーダイヤモンドクリーン スマート

ソニッケアーは、手頃なシリーズからちょっと高価なシリーズまで揃っているので、プレゼントにもオススメです。

既に電動歯ブラシ使ってるんじゃない?という心配もあると思いますが、自宅で電動歯ブラシを使っている人でも職場では普通の歯ブラシだったりするので、2本あっても困らないんです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です