WordPress

【WordPress対応】初心者にオススメのASP〜アフィリエイトを始めよう〜

ブログを作って副収入を!と考えている人のための記事になります。

ブログで収益を上げている人はここで紹介しているASPは全て登録していると考えていいくらい基本中の基本のASPです。

ここで紹介しているASPはWordPressでも問題なく申し込み、設置ができるので、よく分からない!って場合でも気にせずに登録できます。

人によっては他にも登録したいASPがあると思いますが、先ずはここで紹介するASPで収益を上げましょう!

アフィリエイトの種類

先ずは、ASPは大きく分けて3種類のアフィエイトがあります。

  • クリック報酬型
  • 成果報酬型
  • 表示報酬(インプレッション報酬)型

クリック報酬型の代表は、Google Adsenseです。ページに合わせた広告を自動的に配信してくれる優れたASPです。他にもクリック報酬型はありますが、Google Adsenseが設置できないサイトとかでない限り、他のクリック報酬型は考えなくてOKです。

成果報酬型は数多くあり、代表的なものはAmazonアフィリエイト、A8.netになります。自分が気に入った商品やサービスのリンクを取得して自分のサイトに貼り付ける形で設置し、クリックしたユーザーが提携先のサイトで購入や契約を行うことで報酬が発生します。

インプレッション報酬型は広告を貼ったページが表示された回数によって報酬が発生するシステムです。一定回数表示されるか、契約期間が経過するまで広告を貼り続ける必要があり、対応しているASPや広告主が少なく、収益を上げること自体が難しいタイプになります。(インプレッション型を貼る場所にAdsenseを貼った方が儲かります)

初心者にオススメのASP

先ずは、Google Adsenseが定番かつ基本になるので、Adsenseだけは全力で審査を通しましょう。

その後、好きなASPを登録していけばいいのですが、収益が上がるまでは増やしても意味がないので、ここでオススメするASPだけ登録と設置を完了させ、収益が上がってきたら他のASPを探してみましょう。

たくさんASPを登録した方が色んな商材のアフィリエイトに利用できるのでは?という考え方もあると思いますが、ASP単位で支払い可能な金額まで貯める必要がある上に、報酬支払い時にそれぞれで手数料を引かれるのが、十分な収益が上がるまでは控えた方がいい理由になります。

また、成果報酬型のASPの場合、貼り付けた広告に有効期限があったりするので、それらを複数のASPで管理する手間も大変です。確定申告でも登録したASPの数だけ売上と支払いの記帳をしないといけないのでご注意ください。

ただ、紹介しているところ以外でも、自己アフィリ(セルフアフィリエイト)が許可されているところで支払い条件が低い場合、登録しても問題ありません。

Google Adsense

Google Adsense

クリック報酬型の代表格のASPです。広告の種類が多く、ジャンルも幅広いため、記事やユーザーの嗜好にあった広告が設置されやすいため、クリックされやすい傾向にあります。また、クリックされた際の報酬額も他のクリック報酬型のASPに比べて2〜3倍くらい高い傾向があります。

1番のメリットは、広告タグを貼っておくだけで取り敢えず収益が発生することです。良く言えば広告を選ぶ必要がなく、悪く言えば広告を選べないサービスなので、Googleを信じていい広告が貼られるように記事を書いていくだけで大丈夫です。

逆にデメリットとしては、設置までの審査が厳しいことです。一般的に、2000文字程度の記事を10〜15記事が必要と言われていて、画像・文章共にオリジナルコンテンツで作る必要があります。禁止コンテンツも明確に定義されていて、違法サイトや犯罪行為を助長するようなサイト、アダルトサイトだけでなく、タバコの宣伝、お酒の販売サイトも禁止指定なのでご注意ください。審査の申請時だけでなく、設置後も禁止コンテンツのページにAdsenseを貼っていると警告や停止の処分があります。審査が通らなかった場合、コンテンツの修正後、2週間以上空けて再申請する必要があります。

審査さえ通してしまえば、一般的なブログでは何も気にすることなく勝手に広告を配信してくれる便利なAdsenseですが、成果報酬型のASPに比べると収益はあげにくいです。サイトの効率にもよりますが、Adsenseだけで10万円を稼ぐには10万PV〜50万PVくらい必要な計算になります。

そのため、次に紹介するような成果報酬型のASPと合わせて運用していくのがオススメになります。

Amazon アソシエイト

Amazon アソシエイト

皆さんご存知のAmazonのアフィリエイトプログラムです。Adsenseほどではないですが、審査は若干厳しめです。Adsenseで審査が通ったのであれば、普段使いしているAmazonで申し込めば大体大丈夫だと思います。

Amazon、楽天は他の通販サイトに比べて知名度が高いため、クリックされやすく、売上に繋がりやすい傾向にあります。Rinkerやカエレバと言ったWordPressでの設置を支援するツールもあるため、最初に選ぶASPとしてはオススメになります。また、リンクを踏んだ人が紹介した商品以外を購入しても売上になるため、気軽に商品紹介ができます。

Amazonアソシエイトは支払い最低金額が5000円で、振込手数料が発生するため、もしもアフィリエイトを使ってAmazonの商品を紹介した方がお得なこともあります。

ただし、Rinkerで利用するPA-APIというAmazonのAPIを利用するためには、Amazonアソシエイトで発行したURL経由で売上を上げる必要があるため、どちらがいいかは悩ましいところです。

もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイト

主に楽天の商品紹介で使います。楽天以外にも、Amazon、Yahooの商品紹介をもしもアフィリエイト経由で行うことで、振込の最低金額に達しやすくなるので、ブログ構築初期は全てもしもアフィリエイト経由にするのもアリです。

楽天については、毎月5000円以上の売り上げがないと、銀行振込にできず不便なので、もしもアフィリエイト経由にしている人が多いです。基本的に、金額優先なら本家の楽天アフィリエイトで、手軽さ優先ならもしもアフィリエイトを使うことになります。ただ、紹介料が固定で2%だったのが、2019年4月1日から本家アフィリエイトと同じくジャンル別で紹介料が変わるようになっているので、本家アフィリエイトの優位性は減った形になります。

A8.net

A8.net

日本最大手の成果報酬型のASPです。アフィリエイトをやっているほとんどの人が登録しているASPです。A8.net自体の審査は簡単で、各広告の審査も即時提携のものが多いため、初めてのASPとしては最適です。

また、セルフバック(=自分で申し込む)ことで報酬が発生するものもあるので、ネットで何か申し込む場合は一度検索してみたらいいでしょう。

最大手らしく、広告の種類が多く、大体の広告は検索したら出てきます。月々の成果報酬額に応じてランクが付与され、高ランクになると担当がついて、特別単価(=高利益)の案件を斡旋してくれるようになります。

まとめ

ここで紹介したASPを基本のASPとすると、上記以外のASPは中級者、上級者用です。

先ずはGoogle Adsenseの審査通過&設置まで頑張りましょう!Adsenseの審査に通れば、他のASPはほぼ問題なく審査を通過します。

その後、AmazonアソシエイトもしもアフィリエイトA8.net で収益が上がるようになってから、次のASPを探すようにしましょう。