【Gmail】複数メールアドレスを1アカウントで受信する方法(エイリアス機能)

2017年11月3日

テスト用などで、新しいメールアドレスが必要になった時、どうしていますか?

新しいアカウントを登録する場合もあると思いますが、エイリアス機能を使えば何度も登録することなく、1つのアカウントで複数のメールアドレスを使うことができます。

Gmailのエイリアス機能とは?

Gmailのエイリアス機能は、1つのアカウントで複数のメールアドレスを作り、サブアカウントのようなアドレスを作れる機能のことを指します。

example@gmail.comというアカウントを保有している場合、example+{任意の文字列}@gmail.comへのメールは全てexample@gmail.comで受信します。

具体的には、下記の3つのメールアドレスは全て同じアカウントに届きます。
example@gmail.com
example+test@gmail.com
example+admin@gmail.com

複数のメールアドレスに送信されたメールが、メインのアカウントの受信フォルダの中に届くので、メールを見るためにアカウントを切り替える必要がなく大変便利です。Gmail側にフィルターを設定しておくことで、別々のフォルダへと振り分けることも可能です。

複数メールアドレスの用途

応募フォームの応募者と管理者へのメール、ECサイトの注文者と管理者へのメール、CtoCサイトの双方の会員への通知のように複数のメールアドレスを使ってテストする必要があるときに活躍します。

また、テストデータで大量のユーザ情報を作るとき、example-user001@gmail.comのように数字付きのメールアドレスにして、連番で登録しておけば、ダミーデータではない有効なメールアドレスのテストデータを作ることができます。

また、Gmailではアカウントの新規登録時に電話番号の確認が必要なことがあり、大量にアカウントを作るのには向いていません。その場合でも、エイリアスを使う方法であれば登録作業とは無縁なので、問題なく使うことが出来ます。

Gmailのエイリアス機能の使い方

エイリアス機能の利用のために特別な設定などは不要です。
取得済みのGmailのアカウント名(@の前の部分)に「+◯◯◯」と付けるだけです。

そのため、テスト等で新しいメールアドレスが必要になった時に、任意の文字列を付け加えて作業をするだけで、Gmail側で自動的に同じアカウントにメールを届けてくれるようになっています。

ただ、エイリアス機能を使ったメールアドレスからメールを送信する場合、Gmail側でメールアドレスの追加作業が発生します。詳しくは、Gmailの公式ヘルプをご確認ください。

複数メールアドレスを使う他の方法

Gmailでは、他にも1つのアカウントで複数のメールアドレスを扱う方法があります。

ドット(ピリオド)の有無でのバリエーション

メールアドレスのローカル部(@より左側)のドットの有無に関わらず全て同じアカウントで受信できます。

具体的には、下記の3つのメールアドレスは全て同じアカウントに届きます。
example@gmail.com
ex.ample@gmail.com
ex.am.ple@gmail.com

メールアドレスに含まれるドット(ピリオド)が自分のメールアドレスとは異なる場合
メールアドレスに含まれるドットの数が本来のものより多くても少なくても、メールは宛先の受信トレイに届きます。ドットの数や位置が異なっても同一のメールアドレスとみなされ、ドットの数や位置が異なるだけのアカウントを作成することはできません。

たとえば、次のアドレス宛てのメールは、すべて同じ Gmail アカウントに届きます。

johnsmith@gmail.com
jo.hn.smith@gmail.com
john.smith@gmail.com
Gmailヘルプより引用

googlemail.comドメイン

Gmailの商標が取れなかった国では、googlemail.comのドメインでアカウントが作られていました。
商標問題がない国では、両方を同じアカウントとして判別しているようです。

具体的には、下記のメールアドレスはどちらも同じアカウントに届きます。
example@gmail.com
example@googlemail.com

@googlemail.com アドレス宛てのメールを受信した場合
@gmail.com と @googlemail.com 宛てに送信されたメールは同じです。

@googlemail.com を使用している国もありますが、そのアドレスに送信されたメールは同じユーザーに届きます。
Gmailヘルプより引用

全パターンの組み合わせ

このページで紹介している方法を全て組み合わせて使うこともできます。

具体的には、下記のメールアドレスはどちらも同じアカウントに届きます。
example@gmail.com
ex.ample+test+test@googlemail.com

ちょっとした怪しいメールアドレスになってしまっていますね。

まとめ

このページで紹介している方法は、1つのアカウントで複数のメールアドレスを扱う方法になります。
テスト等で複数のメールアドレスを扱いたい場合など、とても便利です。

全く別のアドレスが必要な場合は別途アカウントを登録する必要があります。

新規アカウント登録は面倒なだけでなく、電話番号での本人確認が求められることがあります。

複数メールアドレスが必要な場合は、まずはエイリアス機能を検討してみることをオススメします。